ニキビ跡の毛穴ケアには日焼け止めを一年中塗る

夏のスキンケアで一番気になるのが紫外線による日焼け、シミそばかすです。年齢を重ねるごとにシミが濃くなあって浮き出てくる感じが怖いです。

シミそばかすを防ぐためにきちんと夏もスキンケアをしなくてはならないのは分かってはいるのですが、とにかく毎日暑くてしんどい!ついついお手入れをさぼりがちです。

そして夏は化粧水はさっぱりとして良いのですが、乳液をつけるとべとつくので困っています。

基本的には季節で化粧品を使い分けることはしていません。日焼け止めも一年中塗っています。ただ夏の終わり、冬の真ん中にはエステで集中ケアをすることがあります。肌の乾燥と日焼けによるダメージはまめにケアするようにしています。

夏のメイク崩れは本当に気になりますね。朝お化粧をしているそばから汗が吹き出してベースメイクすらままなりませんからね。最近はUVマスクで紫外線予防しています。UVマスクをするとほぼ顔全体が隠れるのでメイク崩れにも対応することが出来ます。そういった面でもこのUVマスクは便利ですね。

最近では外に出かけるときには必ず日焼け止めクリームを塗るようにしています。こうすることでニキビ跡をつくる毛穴の開きをケアする事にもつながります。

雨や曇りの日に今日は日焼け止めクリームを塗らなくても大丈夫かな?とおもってサボってしまうと急に晴れてきて思いっきり日焼けしたことがありました。それ以降はどんなに曇っている日でも日焼け止めクリームをきちんと塗るようにしています。

日焼け止めクリームは確実に肌を守ってくれていると思います。塗ると安心感がありますね。最近では日焼け止めクリームだけでは安心できずにUVマスクなるものを購入して装着しています。これは布のマスク感覚なのでそれほど威圧感はありません。しかし最近では耳にかけて首の下まで覆う完全防備の日焼け止めグッズがありますよね。本当によく見かけます。これくらいしないとUVカットは出来ないのだと思いますね。

今はまだ見慣れないから「おっすごいな!気合入っているな」と思いますがみんなが完全防備するようになれば見慣れると思いますよ。

私は今年はUVマスクデビューで止めておきますが、来年は完全防備のUVケアマスクいきますよ!

子育てと仕事の両立はつらい・・・肌荒れとストレス解消

現在1歳と3歳の子育てをしながら仕事をしています。疲れを感じるときは、仕事の繁忙時期と子どもが風邪など体調をこわすタイミングが重なるときです。子どもたちは体調を崩すと夜寝れなくなることが多く、そうすると私はほぼ寝ない状態で朝が来ます。

それでも繁忙期は仕事が休みつらいので、半分寝ているような状態で出勤することになるのです。これが1日で終わるときはいいのですが、数日間続くとさすがに参ります。その疲れは、最近肌にも出るようになりました。

まず、化粧のりが非常に悪くなります。朝急いでいるのにもかかわらす、やりなおりしたくなるほどです。細かいぷつぷつが顔に出るのでそれを隠したくても、化粧のりが悪いのでなかなかうまく隠せず苦労します。

またもともと腰痛持ちなのですが、腰が痛くなります。体調が悪い子供たちは抱っこして一晩過ごすことも多いので、朝には立ち上がるのもつらい状態です。

そんなときの対処法は、ひとりでゆっくりお風呂に入ることです。子どもたちとさきに一度入って寝かせ、寝静まったあとにひとりで入ります。そのときは、顔もパックして体もスクラブしてなど、子どもたちと一緒に入るときにはできないことをしてくつろぎます。

子どもも小さいので、なかなかマッサージなどひとりで出かけることが出来ないので、お風呂で肌ケアと腰痛ケアをするようにします。これだけでも、気分はすっきりして楽になります。

食べ物では、数か月前からすっぽんのサプリを始めました。肌トラブルを避けるためと疲労回復のためです。これを飲むようになってから、朝の起床がとっても楽になったと感じています。通常は2粒飲むのですが、量は体調によって増やしてもよいそうなので、子どもが体調を崩し夜寝ずに仕事に行くようなときは3粒か4粒飲みます。

多少の眠さはもちろんありますが、それでかなり元気に仕事に行けています。ストレスをため込まないようにするには、実家にまめに帰ることです。

私は実家が近いので、疲れてきたなと思うと子どもたちを連れて遊びに行きます。祖父母も喜びますし、子どもたちも実家が大好きなので助かっていますが、何よりひとりですべてをやらずに助けてもらえることが大きいです。それで自分の時間も少し持てますし、助けてもらえるということを感じるだけでも、ストレスは軽減します。

私がおすすめするフェイスマスクは4種類

フェイスマスクは、毎日のスキンケアにプラスして、特別な日の為にスペシャルケアをしたい時や、しっとりと潤いがある肌を手に入れたい時の、お勧めのアイテムです。でも、フェイスマスクにもいろいろな種類がある為、商品選びに悩んでしまいます。

フェイスマスクには、美白や保湿、それに、アンチエイジングといった役割があり、ひとつひとつ効果的な美容成分が含まれているのが特徴でもあります。ですから、自分がなりたい肌の目的のもの、成分を選ぶ事がとっても重要になってくるのです。

そして、フェイスマスクは、直接肌につけるものなので、肌に刺激になる成分が含まれていない物、それに、シート自体が肌に優しい素材を使用している物を選ぶ事をお勧めします。

沢山あるフェイスマスクの中でも、お勧めなのがこれらの商品です。

エッセンスマスクLX

オリジナルの真珠関連成分が3種類配合されています。アデノシンとビタミンナノカプセルの効果で、肌に潤いを与えて、しっとりとしたモチモチの肌に導いてくれます。

フェイスマスクルルルン

浸透力に優れているコメセラミドを始めとする、美容成分やハリ・ツヤ成分がたっぷりと配合されていて、しっとりモチモチした肌に仕上げてくれます。

ベキュアスパエッセンスマスク

保湿効果が高い、7つの米が由来になっている成分が配合しています。化粧水タイプで肌に優しいので、毎日使う事ができます。

高浸透保湿マスク

潤い補給と弾力ケアに着目した、毛穴のゆるみ対策が期待できるマスクです。値段が安くて、肌につけている時間が短いので、毎日気軽に使用できます。

フェイスマスクを使用する時には、その効果を十分に発揮させる為に、コツをしっかりと理解しておく必要があります。一番大切なのは、肌にしっかりと密着させる事です。目と鼻に合わせて肌にのせて、空気をしっかり抜いて密着させると、成分を肌に行き渡らせる事ができます。そして、長く付け過ぎると、肌の水分を吸収してしまいますから、指定時間以上はつけない事です。

フェイスマスクを上手に使っていけば、お肌がしっとりとしていくはずです。

メイク用品はいつか使うと思って買っても結局使わない

メイクをするのはあまり好きではありませんが、外出する際のマナーとして、ある程度はするようにしています。

また、ファンデーションを塗る、眉を描く、マスカラを塗る…といった工程を重ねていくことで、部屋着の自分からお出かけする自分への気持ちの切り替えができているようにも感じます。

私にとってメイクは、「自分を綺麗に見せる」というよりは「外出に向けて気持ちのスイッチを入れる」という役割の方が大きいのかもしれません。
 
あまりメイクにこだわりが無いので、朝出かける前にメイクをする時の所要時間も15分ほどです。

外出先でこまめにメイク直しをするということもあまりありません、食事の後に口紅を塗り直したり、夕方にクマが目立ってきたなと感じたらファンデーションを上から少し重ねるくらいのもので、時間で見れば1~2分もあれば十分です。これは、そこまで身なりに気を使う必要のない職場である、ということも関係しているように思います。
 
メイクにこだわりがない割に、「いつか使うかもしれない…」という思いから、メイクポーチの中に化粧道具を溜め込んでしまいがちなのですが、最近は、使わないと思ったものは思い切って捨てるように心掛けています。

「捨てるの勿体ないかも~」と思い始めちゃうとあんまり整理が進まないです。なので、いつか使うかも?と思ったものは、本当に使う時がきたら買えば良い、と考えるようにしています。

それに、ずっとポーチの中に入れっぱなしにしている化粧品は劣化する可能性があります。いつか使う…と思ってポーチに入れ続けて普段から邪魔になった挙句、いざというときに劣化していて使えない…ということでは何の意味もない!と考え、割とストイックに、メイクポーチは身軽にしておくよう心がけています。

この人のメイクを真似している!というほどの人はいませんが、宝塚歌劇が好きなので、タカラジェンヌの娘役さんの普段着や髪型、メイク(もちろん舞台化粧ではなく普段のメイクの方です)はよく見ています。派手すぎず、品のある佇まいは見習いたいと思うとともにとても参考になります。

街には色々なメイクの人がいますが、電車でメイクをしている人はどうなのかな…と思います。元の顔と出来上がりの顔が全然ちがう…!ということもありますが、それ以上に、メイクをしている時の顔、例えばマスカラを塗るために上目遣いになって口が開いている状態の顔などがとても不細工なのです。自分を綺麗に保とうとするなら、その過程もエレガントであって欲しいと思います。

肌色が明るくなるメイクでニキビ跡もカバーしてあげる

ニキビが酷いのでメイクするのが嫌だ、素顔をみせたくないと感じている方も多いですが、ニキビには保湿を十分行うことも重要なため、基礎化粧品選びはとても大切になります。

無添加無香料は肌にとって良いと思い、使い続けている方もいますが、自分の肌に合うかどうかは実際使ってみないとわかりませんし、しっかりと肌に馴染んで保湿するものが重要になります。

肌が乾燥することで肌トラブルが起きますし、なかなか肌質を改善することは難しいため、色々と対策することが重要になります。

メイクで隠そうとして厚塗りになることもありますが、これはかえってマイナスになるため素肌をしっかりと潤いを与えて、しっとりとした肌へと変化させることが大切です。

ニキビはメイクで上手にカバーしてあげる事がとても重要なので、スキンケアでしっかり保湿を行い、そして潤った肌にベースメイクとなるBBクリームなどを塗って肌色を明るく綺麗に見せることが重要なポイントになります。BBクリームではなくCCクリームでももちろんOKです。

肌色が明るくなるので、ワントーン明るくなるとメイクするのも楽しくなりますし、素肌がシットリとしてメイクしやすくなるので、ニキビをカバーすることができます。

赤みをおびたニキビには、あまり化粧せず、避けるようにしてしばらく様子をみるなど、ニキビの症状をみながらメイクすることはポイントになります。隠そうとするとかえって悪化することもあるため、しっかりと保湿を行い肌を改善することが何より重視すべきです。

保湿しながらUV効果あるクリームをたっぷり塗るなど、肌を改善することで綺麗に素肌がなっていくのを実感できるため、素肌よりワントーン明るい下地を使うと肌色にマッチした綺麗な素肌へ仕上がります。

ニキビは乾燥が一番の大敵なので、保湿を十分に行うことで肌が変化してくるのを実感できるようになりますし、食生活や睡眠も十分にとることで肌が綺麗になるのを実感できるようになり健康的になるため、だんだんと肌質が変化していくのを実感できるはずです。

口コミで人気のニキビ跡の化粧水はコチラ